多汗症とワキガの違い

脇の下に汗がかきやすいと自分は多汗症もしくはワキガではないかという風に不安に思うことはありませんか。ワキに大量の汗をかくこととワキガは全く異なる症状です。また、ワキ汗の量が多いからと言っても、夏場や運動をしている時に大量にかいているのであれば多汗症には当たりません。これはごく普通の反応で人よりも多少汗の量が多いだけで、それは全く問題がありません。多汗症の場合は暑さ寒さに関わらず大量に汗をかき、緊張している時に異常なほどに汗をかくという特徴があります。

ワキの多汗症とはどういうものか

ワキの多汗症というのはエクリン腺から汗が大量に分泌されて、ワキガのようなアポクリン腺から汗が分泌されるわけではないので、この汗については臭いを感じることはありません。ただワキ汗が多いというだけであればわざわざ医療機関に行って治療を行うことはなく、ワキ汗パットや制汗剤などの対策だけで済みますが、多汗症に該当するのであれば一度医療機関に行って治療を受けた方がいいでしょう。
ワキの多汗症にかかるのかというと、エクリン腺の機能が発達しすぎるために大量の汗が出てしまうからです。その他にも精神的な影響についても関係があります。ワキの下に汗染みを作りたくないと思っている時に限って汗染みができてしまうという経験を持っている人もいるでしょう。そういう時は緊張をしてしまい、精神的な影響から交感神経が働いて汗が出てしまうからです。

ワキガとはどういうものか

ugilulig
ワキガの原因として考えられるのがアポクリン腺から汗が分泌していることがあります。アポクリン腺からの汗は脂肪やたんぱく質が含まれているために、皮膚表面に付着している最近がどんどん脂肪やたんぱく質を分解しており、それに伴って臭ってくるのです。この汗で脇の下が湿った状態になると湿気が好きな細菌の繁殖を助けることになるので余計にワキガ臭が出てくるのです。
アポクリン腺はワキだけでなく乳首やへそ、肛門、耳の中にも存在します。ワキガ体質の人は耳垢が湿っている人が多いのですが、それは耳の中のアポクリン腺が常に汗を出していることが原因となっています。耳垢が乾燥している人は一般的にはワキガ体質ではないことが言えます。

多汗症とワキガは違う

多汗症だと汗を大量にかいているから臭うのではないかと勘違いしそうですが、多汗症とワキガは全く違います。多汗症だから臭うというわけでもありませんし、多汗症だからワキガというわけでもありません。しかし、ワキガの人が多汗症を併発していることは十分にあり得ます。
ワキガの原因となるのはアポクリン腺の汗がわき毛について、菌に分解されることによって臭うという結果になります。それに対して、多汗症の原因となるのはエクリン腺から汗が大量に流れるわけですが、この汗は臭いがするというわけではありません。しかし、ワキガの人が多汗症を併発していれば菌によって分解されたものが汗によって臭いを周囲にまき散らすために、ワキガがひどくなるということはあり得ます。

多汗症とワキガは汗が出る場所が異なる

ワキの多汗症とワキガは似ているところもありますが、異なる部分のほうが多いです。前者の場合はエクリン腺から汗が大量に分泌されて基本的に無臭なのに対して、後者の場合はアポクリン腺から汗が分泌されワキガ臭がします。ただし、ワキガを持つ人の中に多汗症の人もいるわけでその人の場合は余計にワキガがひどくなるケースがあり得ます。
多汗症改善ボトックス注射治療|美容皮膚科を東京でお探しなら広尾プライム皮膚科

新着情報

◆2016/04/25
多汗症とワキガの違いの情報を更新しました。
◆2016/04/25
ワキガ対策をするためにはの情報を更新しました。
◆2016/04/25
ワキ脱毛はワキガや多汗症に効果があるか?の情報を更新しました。
◆2016/04/11
基本情報を新規投稿しました。
◆2016/04/11
自臭症にならないように注意したいの情報を更新しました。